緑内障放置は危険 静岡の眼科医で早期治療を

ものの見え方に違和感を感じたらすぐに眼科医にかかること

初めて診断を受けてとき、必死になってネット検索しました。
現在の医療技術では完治させることのできない病であり、40歳を超えてから進行する事が多いため定期的な眼科検診が必要であること、日本の失明原因の26%を占めること、また日本人で最も多いのが正常眼圧緑内障であり、正常値だからといって安心できないなどです。
治療方法がないため、一生付き合っていかなければならない病気ですが、診断からレーザー手術までの数ヶ月の間で健康に対する意識が大きく変わりました。
特にあたり前のようにものを見ることが、当たり前でなくなるかもしれないと感じたときは、これからどうなるのかと思い悩むこともありました。
もし視野の一部がかけたり、霞んで見えたり、ものの見え方に違和感を感じたときはできるだけ早く、静岡の眼科医にかかってください。
完治させることはできませんが、眼圧を下げ進行を遅らせることはできます。
眼科医位にかかることはそうはないと思いますが、放置し続けると失明するかもしれないので要注意です。
また近視であったり、老眼の傾向がでてる方、生活習慣病の方は定期検査を行いましょう。

緑内障は自覚症状を感じた時には進行している / 静岡の眼科で緑内障と診断され薬物療法が効かず手術へ / ものの見え方に違和感を感じたらすぐに眼科医にかかること